決断

親に何もなければ学資保険は損?

学資保険はその名前の通りに子供の教育資金のための保険であり、主に大学入学時に必要になる費用を確保するのを目的に親が加入するケースが最も多くなっています。
しかし保険によっては契約者である親に万一の時があった場合に保険金がおりるものや、年金形式で保険金が支給されるものもあります。
ここでは保険に加入している間に親に何もなければ損をし てしまうかについて探っていきます。

学資保険には支払った保険料よりも受け取る金額が少ない、元本割れhttp://www.robertallen.jp/link/aiueo/hu1.htmlをする商品もあります。
学資保険は数多くの商品を保険会社各社が提供していて、選ぶ時には元本割れをしない商品を選ぶことをすすめる人も多いでしょう。
しかし元本割れをする商品は特約がついているものがほとんどで、単に教育資金を貯めるだけではなく、お子さんが病気や怪我をした時の保障や、契約者である親が死亡した時の保障などが付けられています。

最近では高齢出産をするお母さんや、高齢になってからこどもを授かるお父さんも増えていて、子供が大学生になったり成人するまで自分が健康で働いていられるかを心配する親が増えています。
そのため>学資保険に加入する時除される商品や、その日から育英年金が被保険者へ支払われる商品を選ぶ人も増えています。

貯蓄だけが目的の商品の場合は、親に万一の時があった場合はその後毎月の掛け金を支払うことができないリスクがあるので、満期までは元気でいることが大事になりますが、親に万一のことがあった時の保障がついているものは、単純に支払った保険料以上の金額を回収しようと思ったら、万一のことがあった時が得をすることになります。
しかしだからといって何もなければ損かというとそれは間違いです。

学資保険に限らず保険は安心料を支払っていると考えた方が良く、何もなければその方が家族全員が幸せなことは間違いありません。
それに保険の掛け方にもよりますが、学資保険は万一の時に支払われる金額もそれほど多くはないケースがほとんどで、いつまでも親が元気に働けた方が損得で考えれば得と言えるでしょう。

このように保険料を支払っている途中で親に何かなければ損ということは間違いで、いつまでも健康でいられることは一番得なことだと考えるのが正解でしょう。
保障付の学資保険は、安心料を支払っていると考えればいいでしょう。