決断

学資保険に加入することを決断した決め手

学資保険は子供のために加入する保険であることは間違いありません。
したがって子供を持っていない若者の中には、学資保険という存在を知らない人も多いようです。
多くの親が結婚をして子供ができてはじめてその存在に気付いていますが、学資保険に加入することを決断した決め手にはどのようなものがあるのでしょうか。

学資保険の存在をしらない親たちは、知り合いや自分たちの親などからその存在を知らされるケースが多いようです。
したがって保険に加入するきっかけは、その存在を知らされたことです。
しかしこの時にはまだ保険の内容も、焦って加入しようとする人も少なく、子供が妊娠したことを知った時や、これから子供が生まれる時や、子供が生まれたことをきっかけに真剣に保険への加入を考えるようです。

現在では一昔前と違って、高校へ進学するのは当たり前のことで、さらに子供の就職のことを考えれば大学に進学させてやるのも親の務めと考える人がほとんどです。
大学に進学させるにはどのくらいのお金がかかるのかを疑問に持ち、それを詳しく計算した時が保険に加入するきっかけになる人が最も多いと言われています。

中には子供が大きくなるまで自分で貯蓄をすれば問題ないと考える人もいて、保険には加入しない人も少なくはありませんが、実際に子供が生まれると、これまでとは違い予想以上のお金がかかることを知り、予定通りに教育費の貯蓄ができないことを実感して、保険に加入する人もたくさんいます。

また最近では、保険会社以外にもいろいろな保険を総合的に摂り扱っている保険相談会社があり、そこに相談にいって保険の大切さを教わったことが保険への加入の決め手になったという人も増えています。

他の保険同様に学資保険にも数多くの種類があるので、加入を決めた場合でも焦らないでまずは保険に詳しい専門家に相談して、できるだけ多くの商品を比較することをおすすめします。

このように学資保険を加入する決め手は人によって様々ですが、将来子供にかかる教育費を計算したことや、自分では上手く教育費の貯蓄ができないことを悟った時や、保険のプロの相談を受けたことが加入の決め手になっているケースが多いようです。