決断

育英年金は必要?不要?

学資保険は子供のための保険です。
ほとんどは子供の将来の教育資金のために加入し、大学入学時の最もお金が必要な時期を満期として、その時に保険で積み立てたお金を入学資金に充てています。
しかし学資保険の中には、契約者である親が死亡、または所定の高度障害状態となり収入を得られなくなった場合に英育年金が支給されるものもあります。
ここでは英育年金が必要か不要かについて探っていきます。

育英年金の特約を付けると、当然特約の分保険料の負担が必要になります。
損得で考えるのであれば、万一契約者である親が死亡したり高度障害になった場合に、特約を付けていることで保険の満期を迎える間は教育費の心配をしなくても良くなるのでお得だと言えるでしょう。
しかし万一のことがなければ、その分を掛け捨てたことになるので損だと言えます。
しかしこれはあくまでも保険なので、損得だけで考えて答えが出せるものはありません。

ただし学資保険の本来の目的である教育資金を蓄えることだけを考えれば、育英年金の特約を付けることにより返戻金が少なくなり、これは大きなデメリットと言えるでしょう。
それでは万一のことがあった時にはどうすればいいの、ということになりますが、万一の時の保障は別の生命保険でカバーすることをおすすめします。

学資保険の育英年金は、保険を解約しなければいけなくなった時にはその分だけの特約を残すことはできません。
どうしても他の生命保険に加入する余裕がない場合は仕方がないかもしれませんが、生命保険にすでに加入している場合は、そちらで育英年金分が負担できるように保険を見直すことをおすすめします。

また育英年金は所得扱いとなり課税対象になる可能性もあるので、その辺も十分に計算した上で特約を付けるかどうかを検討しましょう。

このように、一概に育英年金が必要か不要かは言えませんが、教育資金を蓄える目的で学資本に加入するなら、育英年金の分は他の生命保険などでカバーした方がいいでしょう。